花鳥風月 ふゆみずたんぼ日記

15年前に始めた「ふゆみずたんぼ」に通い、日々田んぼで起きている花鳥風月を感じながらササニシキを作っている兼業農家の日記である。

新米の発送前にタイワ精米機あさかぜAF−200のお掃除



遠藤農園では1ヶ月に1回精米機の掃除をします。今回も新米の発送前に隅々まで掃除します。ところが掃除後に部品を組み付けているとき、ついついボルトを締めすぎてしまい、ネジ山が欠けてしまいました。まったく抜けないので、ラチェットでわざと斜めに回したりしてみましたが、まったく抜けませんでした。そこでインパクトで高速に回してネジ山を削って抜き取りました。
LINEで送る
[新米の発送前にタイワ精米機あさかぜAF−200のお掃除]の続きを読む
  1. 2012/11/03(土) 19:03:04|
  2. 精米機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

精米機あさかぜAF-200の掃除




残暑が厳しいですが、こういう時期に気をつなくてはいけないのが精米機の掃除。虫がわかないように、部品を分解し米ぬかや埃をエアーで吹き飛ばします。遠藤農園では定期的に精米機の清掃・点検を行っています。




エアーで吹いた後に濡れたタオルで拭き取ります。こんなにピカピカです。この機械も今年で7年目になりました。




この部分は精米した後の米ぬかが排出される部分です。ここを通って外に排出されます。これでまた気持ちよく精米ができます。
LINEで送る
  1. 2009/09/07(月) 18:46:48|
  2. 精米機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

精米機の掃除・点検




精米機はみなさんのお手元に届くお米を精米する重要な機械です。定期的に清掃・点検を行います。使用して7年目となりますが、錆一つありません。大切に使います。
LINEで送る
  1. 2009/04/06(月) 22:15:40|
  2. 精米機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

精米機の部品




この部品はタイワ精機の精米機「あさかぜ200」です。購入して7年目になります。そろそろ部品が摩耗しているのではと営業マンの方と分解しました。網やロールはぜんぜん摩耗していませんでしたが、この「円筒」という部品が摩耗していました。とても精密な部品で2ミリぐらい摩耗しただけでこの部品は交換が必要なのだそうです。この精米機でいちばん摩耗する部分がこの部品だそうです。





この部品は一番最初にお米が入ってくる場所にあるものです。ねじ1本で止めてあるだけですので外すのはとても簡単です。部品代は6,000円でした。これでまた数年は大丈夫ですね。
LINEで送る
  1. 2009/02/21(土) 09:08:51|
  2. 精米機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0