花鳥風月 ふゆみずたんぼ日記

15年前に始めた「ふゆみずたんぼ」に通い、日々田んぼで起きている花鳥風月を感じながらササニシキを作っている兼業農家の日記である。

初めての畦塗り 富士トレーラー畦塗機出動!




稲刈りも終わり、発送作業に追われる毎日ですが、休む間もなく次の作業があります。遠藤農園では7年間冬に水を張ってきたために、田んぼの畦が傷んで細くなってしまい、崩落している箇所が多くなりました。水漏れも激しく、田んぼの水を1年間保つのは大変な作業です。そこで今回初めて「畦塗機」を使うことになりました。私はこの機械を所有していないため、仲間の菅原さんから借りることになりました。




畦塗機を装着するトラクターは古いクボタのL2600です。だいぶ古いですがまだまだ使えます。2輪駆動ですが、前輪の内側にウエイト(錘)が付いている仕様でなかなかです。ちなみにこのL2600はクリープ(超スロースピード)での走行が可能なため、畦塗りには最適です。




3点リンクで様々な作業機が装着可能です。




この畦塗り機は富士トレーラーです。羽根状のローラーが左官職人のようにパタパタと塗り固めていくのが特徴です。これだと崩れにくい丈夫な畦が作れます。ところで畦塗機には右用と左用の2つがあります。最初に出したのが左用です。右側に出すと路上走行するとき危ないという理由だそうです。その後、右になった理由は左側の畦塗り機の使用は油圧レバーが右側にあり、畦塗り機と塗り具合を見るのはどんな人でも大変だということで右用が出たら左用はメーカーでは出さなくなりました。現在は右側が主流ですね。
LINEで送る
  1. 2009/11/07(土) 19:50:14|
  2. 畦塗機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0