花鳥風月 ふゆみずたんぼ日記

15年前に始めた「ふゆみずたんぼ」に通い、日々田んぼで起きている花鳥風月を感じながらササニシキを作っている兼業農家の日記である。

米粉カボチャクッキーに挑戦



まだ、レシピが完璧でないので掲載しませんが、もう少しで美味しく焼けそうです。レシピが完成したらブログで報告しますね。今日は、我が家の息子とと娘が通う小学校で、「地元の食材でつくる」というテーマで、お菓子をつくる日でした。まだ未完成ですが、妻が小学校に米粉クッキーの先生で出かけました。子供たちはカボチャクッキーを気に入ってくれたそうです。
LINEで送る
  1. 2014/09/08(月) 22:06:33|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

小学校で無農薬米粉シフォンケーキ教室



今日は妻が、近隣の小学校の依頼で「米粉シフォンケーキの作り方」の出前授業をしてきました。みんな楽しみながら授業を受けていました。メレンゲも上手!
LINEで送る
[小学校で無農薬米粉シフォンケーキ教室]の続きを読む
  1. 2013/12/16(月) 12:36:38|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

米粉シフォンケーキのフルーツ添え



今日は、遠藤農園の米粉を使い、いつもの米粉シフォンケーキにフルーツと生クリームも添えてみました。お・い・し・そ・う
子どもたちが大はしゃぎ。
「早く食べたい〜」「まず写真を撮るから待ちなさ―い!」
LINEで送る
  1. 2013/07/13(土) 21:37:08|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

米粉特集!クリスマスに米粉のシフォンケーキはいかかですか?



いよいよクリスマスです。クリスマスケーキに米粉のシフォンケーキはいかがですか?
いままで遠藤農園で試行錯誤した米粉シフォンケーキについての取り組みを改めてご紹介いたします。
LINEで送る
  1. 2012/12/03(月) 15:04:47|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

米粉と小麦粉のシフォンケーキの食べ比べについてのご紹介です

最近、米粉シフォンケーキについてのお問い合わせが多いので、過去に行った実験を改めてご紹介いたします。

白米米粉・玄米米粉・小麦粉のシフォンケーキの3種類です。

これは3年前に遠藤農園で行った、白米米粉と玄米米粉と小麦粉のシフォンケーキの食べ比べです。どれがおいしいのか?ということも大切ですが、原材料によるふくらみの違いなどを比べてみようとという企画でした。




もともとの小麦で作ったシフォンケーキと我が家のササニシキの米粉(白米粉・玄米粉)で作ったシフォンケーキの3種類を作ってみました。小麦と米粉の材料の違いがどのような食感の違いになるのか食べ比べてみましょう。
ちなみに卵が不足していたので、「玄米米粉」のケーキだけ遠藤農園の卵を使用したためケーキの色が薄いのです。
材料に使用した「米粉」のメッシュは60メッシュぐらいです。使用した製粉機は国光社のやまびこ号です。




まずは1つ目は「白米米粉」で作ったシフォンケーキです。市販の卵を使用したため焼き上がりが黄身に比例して黄色いです。ちょっと方が崩れているのは、冷ます時間が少なかったためです。膨らみは小麦に負けないくらい膨らんでいます。




2つ目は「玄米米粉」で作ったシフォンケーキです。市販の卵ではなく、遠藤農園の卵を使用したため、焼き上がりの色は薄いので卵の黄身の色に比例するんですね。じっくり冷ましたため形もきれいです。玄米の胚芽やぬかも含まれているので体によさそうですね。膨らみは最初の実験時より丁寧に材料を泡立てて混ぜることで小麦や白米に負けないほど膨らませることに成功しました。白米米粉より若干ふくらみが少ないように見えますね。




3つめは本家本元の「小麦粉」のシフォンケーキです。市販の卵を使用したため焼き上がりが黄身に比例して黄色いです。ちょっと方が崩れているのは、冷ます時間が少なかったためです。ふくらみは小麦特有のふっくらとしたスポンジ状です。




これが「小麦米粉」のスポンジの断面です。穴の形状は細かく、硬さはしなやかですね。




これは「米粉」のスポンジの断面です。穴の形状は小麦よりやや大きく、硬さはふっくらしながらもしっかりしていて食べ応えがあります。




卵12個分のシフォンケーキを3人で食べました。「これ何の粉だっけ?」などといいながらどんどん食べてしまいました。




最後はこのとおり完食です。ごちそうさまでした。小麦もおいしいですが、米粉(白米・玄米)もなかなかの味でした。遠藤農園では製粉機を購入しました。今後製粉の状況を報告していきたいと思います。遠藤農園ではお米が完売しているので、田力チームの農家さんのお米を製粉していきたいと考えています。農薬や化学肥料を使用しない「米粉」を少しでもみなさんにお届けできたらいいな思います。




左がササニシキの「白米米粉」、右がササニシキの「玄米米粉」です。粉にも愛着が湧いてきました。名前がほしいですね。

以上のような内容です。参考にしてみてください。

もう少しでクリスマスです。クリスマスケーキにお母さんが作った米粉のシフォンケーキはいかがですか?
LINEで送る
  1. 2012/12/02(日) 08:07:46|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

カフェインの苦手な方には、桑茶の米粉シフォンケーキはいかがですか?

こちらも以前に作ってみたシフォンケーキです。とてもあっさりした食感で、おいしいです。ササニシキのあっさり感と桑茶のあっさり感のコラボレーションも癖になりそうです。




今日妻が、先日購入した「桑茶」と遠藤農園のササニシキ玄米米粉を使って、シフォンケーキを焼きました。この通りきれいですね。味はというとカフェインが入っていないせいかとてもあっさりしています。ササニシキの玄米米粉との相性もいいようです。カフェインの苦手な方にお勧めです。抹茶よりも癖がないようです。ぜひお試しください。
LINEで送る
  1. 2012/12/01(土) 23:44:05|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

大人にはお抹茶のササニシキ米粉シフォンケーキはいかがですか?

これはお抹茶の米粉シフォンケーキです。こちらも参考にしてください。




前回は桑茶で作りましたが、今回はササニシキの米粉にお抹茶を入れてシフォンケーキを作りました。




お抹茶だと高級感が漂っています。風味がよくおいしいです。お米とお茶の組み合わせはなかなかですね。




ちなみに左が今回のお抹茶シフォンケーキで、右が桑茶シフォンケーキです。
ちがいがわかりますか?
LINEで送る
  1. 2012/12/01(土) 19:52:29|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今日のおやつは米粉シフォンケーキ!



子どもたちから「今日のおやつは米粉のシフォンケーキ!」というリクエストに応え、さっそく作り始めました。いつも安定したシフォンケーキのふくらみを作るには、メレンゲを美しく作ることです。材料は卵白4個分、卵黄3個分、牛乳、サラダ油、砂糖、バニラエッセンス、そして米粉。(白米粉もおいしいですが、玄米粉はほんのり甘みがあっておいしいです。)
LINEで送る
[今日のおやつは米粉シフォンケーキ!]の続きを読む
  1. 2012/11/13(火) 09:30:43|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

米粉メッシュ




今日は福島県のタンボロッジさんの大屋さん夫妻がいらっしゃいました。今回の目的はマクロビオテック用の米粉のメッシュの開発です。




挽いた米粉をふるいで通しながらメッシュの確認です。今回はスイーツ用とパン用の米粉を挽きわけることができました。




とてもいい米粉ができました。また新しいレシピが生まれそうですね。
LINEで送る
  1. 2010/02/22(月) 21:58:38|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

久しぶりにササニシキの米粉パンを焼きました




久しぶりに米粉パンを作りました。いつもはシフォンケーキが多いのですが、妻が「今日はパンをつくるから」といつになく気合いが入っていました。私の担当は力仕事の「練り」です。




酵母は「ほしの酵母」を使いました。米粉80%、グルテン20%、はちみつ少々を素材に作りました。十分素材が混ざり始めると、最初の香りと違うとてもいい香りが漂ってきます。




混ざりあったらこれを小分けに切り分けます。




切り分けたらベンチタイムを30分とります。




休ませた生地を形を整えてオーブンに入れ、40℃で1時間45分間かけて発酵させます。




発酵が終わりました。




最後に発酵が終わった生地をオーブンに入れ、190℃で15分間焼きます。




待つこと15分。ほーら膨らんできましたよ。




はい、焼きあがりました。今回は今までで一番ふっくらして、冷めてもその柔らかさは変わりませんでした。まだまだ工夫が必要ですが、また少しおいしくなったようです。
LINEで送る
  1. 2010/02/11(木) 19:42:33|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

米粉製粉時の荒熱について




遠藤農園では米粉の製粉の際に出る荒熱を、一昼夜低温倉庫で冷ましてから出荷・発送しています。




製粉時の荒熱を計測してみると・・・40℃もありました。このまま袋詰めすると米粉の品質低下を招くので、荒熱を取る作業は必要です。ご注文をいただいてからすぐ発送したいとは思いますが、少々お時間をいただいているのはこのようなこだわりからです。
LINEで送る
  1. 2009/09/08(火) 19:58:59|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

米粉パン生地を「もちつき機」でこねる




我が家で米粉パンをよく焼きますが、天然酵母使用のため手でこねていました。ところが一時間も手でこねるのは、妻にはとても辛く、なんとかできないかと思っていたところ、使わないもちつき機を発見。とにかくやってみることにしました。15分くらい回しただけではだめでしたが、回しては止めて裏返すことを繰り返したところ30分くらいでなかなかいい感じの生地ができました。




コツは機械を回しっぱなしにしないで、生地を見ながら裏返したりすることが大切なようです。
LINEで送る
  1. 2009/05/08(金) 23:51:28|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

天然酵母の玄米・白米米粉ブレンド食パン




この天然酵母玄米・白米米粉食パンは、菅原さんのしっとり系の米粉とあっさり系の遠藤農園のいずれもササニシキの米粉をブレンドして焼いてみました。
初めて焼いたのですが、奇麗にふくらみおいしいパンが出来上がりました。




切ってみるとこの通り、しっとり、ふんわりしていて、ぬか臭くないのです。
このパンの原料の比率は、米粉8割とグルテン2割(オオサワジャパン購入)です。




このパンにピーナッツバターを塗って食べるとこれまたおいしいのです。
LINEで送る
  1. 2009/04/06(月) 23:02:02|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

”クラッシャー田力” 菅原さんの玄米米粉パン




私の仲間菅原さんの玄米米粉を使って、男の私がパンを作ってみました。昨日までは妻が3度作ってみましたが、おいしいのですが、ふくらみがいまいちでした。そこで妻が「もう少し力を入れて練り上げたらいいものができる」と言い出し、「あなたがやってみればいいのよ」と合わせた材料とこねる台を預けられ40分も練り続けました。すると練っている間にほしの天然酵母の独特な香りが最初とは違う香りになってきます。そして生地をひっぱるとねばっーとしてきます。こうしてから約3時間発酵機に入れ、じっくり発酵させてから、システムキッチン付属のオーブンで190度で15分焼きます。それがこのパンです。今までの米粉パンには見られないほど膨らみました。うまそう・・・






今回もグルテンが入っています。まだ米粉100%には挑戦していませんが、これからが楽しみです。

LINEで送る
  1. 2009/04/02(木) 22:43:11|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

はじめての天然酵母米粉パン




発酵器入れる前の状態です。なんかわくわくしますね。今回使用した酵母はホシノ天然酵母です。また今回はグルテンを使用しています。




上の米粉パンを発酵器に入れたところです。2時間待ちます。




さあ焼き上がりました。自家製のリンゴジャムも付けてみました。




ちょっと水分が多かったような気がしますが、冷めてもふんわりした米粉パンです。まだまだ研究が必要ですね。でもおいしい。
LINEで送る
  1. 2009/03/28(土) 20:24:12|
  2. 米粉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ