花鳥風月 ふゆみずたんぼ日記

15年前に始めた「ふゆみずたんぼ」に通い、日々田んぼで起きている花鳥風月を感じながらササニシキを作っている兼業農家の日記である。

コンバイン刈り刃の交換




コンバインで最も重要な部品の一つが「刈り取り刃」です。現在のコンバインの刃がかなり減ったため、交換となりました。修理の部品取り用に購入した古いコンバインから刈り取り刃を取り外し比較してみます。




取り外しはとても簡単でした。4つのボルトを外すだけでした。これなら素人の方でも取り外し・交換可能です。




上が現在取り付けてあった摩耗した切り刃です。下がアワーメーター370時間使用したコンバインから取り外してきた切り刃です。




かなり減っていますねー。減ってくると刃の先が細くとがってくるそうです。




これならもう1年か2年は使えそうですかね。
LINEで送る
  1. 2008/09/29(月) 07:38:24|
  2. コンバイン修理・整備|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コンバイン切刃の交換




コンバインで重要なのが「切り刃」です。刈り取った稲をきれいに脱穀する刃です。これが切れないと籾を外に排出してしまい捨てることになります。またコンバインにも負担がかかり、コンバインの寿命を短くしてしまいます。切り刃ひとつの値段は615円×5個ですが、大切な部品です。




今回の整備では、偶然亀裂の入った切り刃を見つけました。やっぱり整備は自分でしないといけませんね。




新品の切り刃が取り付けられました。かなり切れそうです。
LINEで送る
  1. 2008/09/29(月) 07:27:33|
  2. コンバイン修理・整備|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

稲の比較




先日、小学生が稲の観察に来ました。左が遠藤農園のササニシキ。右が周辺の慣行栽培のササニシキです。生育がかなり違うようです。今年も元気にたくましく育ってくれました。小学生もびっくりしていました。「6月14・15日に田植えをしても大丈夫なんだ」、「化学肥料や農薬を使わなくても栽培できる可能性があるんだ」、と感想を残して行ってくれました。なによりも「稲を育てる苦労が少しわかってきました。お米を大切に食べたいなと思いました。」という感想がうれしかったです。
LINEで送る
  1. 2008/09/29(月) 07:21:03|
  2. ササニシキ栽培履歴|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コンバインエンジンVベルト交換




今回は古い我が家のコンバインのエンジンVベルトが紐のように細くなっていたため交換となりました。アワーメーター500hです。いろいろな箇所で整備・部品交換が必要になってきました。




Vベルトをはずすのにオルタネーター(発電機)を緩めれば簡単にできる予定でしたが、はずれないのでこの際だからとラジエターもはずすことになりました。ラジエターの中を水で何回も洗浄し、サブタンクの中の錆びた泥のようなものも取り除きました。ラジエターのコアもエアーで吹き飛ばし、ほこりをとりました。これでさっぱりきれいなラジエターになりました。




左が取り外した古いVベルト。右側が新品のVベルトです。




こんなに細くなるまで働いてくれたVベルトに感謝。
LINEで送る
  1. 2008/09/29(月) 07:12:19|
  2. コンバイン修理・整備|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

9月28日のササニシキ




いよいよ一日に最高気温と最低気温に差がでて、朝夕毛布に布団が必要なくらい寒くなってきました。稲もすっかり秋の姿になり、収穫の時期を待っています。周辺の田んぼでは、今日から稲刈り本番ですが、遠藤農園の稲はまだ青く刈り取り時期を迎えていません。刈り取り時期は稲が枯れる寸前まで刈らず、できるだけ「完熟」状態にしてから刈り取ることにしています。そうすると年が明けてもおいしいお米になるようです。しばし収穫までの我慢です。




イナゴも以前よりは増えてきました。私が中学生の頃は学校で「イナゴ取り」の行事があり、2日間で4キロとり、それを業者さんに売って生徒会の予算に充てていました。よく考えると自分たちの学校を、自分たちで支える教育がなされていたんですね。他人まかせ、自分のことだけ考える(大学進学率を上げる)ことに重点を置く現在の教育とは明らかに方向性が違っていました。「どのような人間をそだてるのか」という部分を大切にしていたんですね。
LINEで送る
  1. 2008/09/29(月) 06:55:55|
  2. ササニシキ栽培履歴|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

三菱MC20DG螺旋分解




今日は田んぼ仲間のコンバイン「三菱MC20DG」の「2番らせん」の修理手伝いに行ってきました。私も中古のMC20Dを持っているので、いつか手をつける部分だと思い、楽しみに行ってきました。




「螺旋」そのものを抜き取る作業が大変でした。パーツリストがあるわけではないので、憶測で少しずつ分解しました。今回の修理部分はらせんを回転させるベアリングの破損により、らせんの軸がぶれはじめているという状況でした。




最後はらせんのギアボックスも分解したところ、この中のベアリングも動きがしぶくなっており、結局全部のベアリングを交換することになりました。




らせんの軸も構造が分かるまでとことん観察し、分解するヒントをつかみました。今日も楽しい素人整備でした。
LINEで送る
  1. 2008/09/15(月) 21:26:45|
  2. コンバイン修理・整備|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

9月13日のササニシキ




昨日は”ゲリラ集中豪雨”を受け、乾いた田んぼも一気に湛水状態。落雷もあり、激しい雨でした。ササニシキの様子ですが、なんとか順調に登熟しています。このまま収穫に結びつけばいいのですが、今シーズンになってから台風が一度も日本列島を通過しいないのが気になります。大きな台風がやってくるような気がします。とにかく収穫まで稲が倒れないことを祈ります。




実りを迎えたササニシキ。




今年もやっとここまで来ました。




それにしても今年は雑草が多い。この写真でわかりますか?稲と稲との間にはヒエの穂が豊作に出ています。やっぱり除草機をあまり押せない田んぼは大変な状態です。
LINEで送る
  1. 2008/09/15(月) 13:53:21|
  2. ササニシキ栽培履歴|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今年の大豆は草に負けそう




今年も大豆”ミヤギシロメ”を播きましたが、水不足と日照不足で生育が遅く、もう少しで秋だというのに、今年は一度も枝豆を食べていません。
それにしても草の多いこと。除草しましたが、ここ最近は雨ばかり降っているので除草回数が少ないため、このような草だらけになってしまいました。




まだこの程度の実りです。あと一週間は枝豆にありつけそうにありません。
ビールのおいしい季節が終わってしまいます。
LINEで送る
  1. 2008/09/15(月) 13:44:17|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0