花鳥風月 ふゆみずたんぼ日記

15年前に始めた「ふゆみずたんぼ」に通い、日々田んぼで起きている花鳥風月を感じながらササニシキを作っている兼業農家の日記である。

カエルの卵塊にふれる




子どもたちが探していたカエルの卵に触れるときがきました。




子どもたちは初めてカエルの卵に触れました。最初は恐る恐るでしたが、触ると気持ちがいいと言っていました。
LINEで送る
  1. 2010/04/30(金) 21:34:03|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

4月30日の田んぼ




田んぼの稲株も腐り、柔らかくなってきました。




しかし、いよいよ雑草が出てきました。
LINEで送る
  1. 2010/04/30(金) 21:31:06|
  2. ササニシキ栽培履歴|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

遠くに夕焼け、足元にはカエルの卵塊




田んぼの水と苗代を見て回り、その帰りにふと自宅の方を見ると・・・きれいな夕焼けでした。風もなく、田んぼの水に映った裏山の姿はとても美しかったです。




ふと足元見ると、山赤ガエルの卵塊がありました。今度は息子と娘に見せてあげようと思います。
LINEで送る
  1. 2010/04/29(木) 19:25:49|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タンポポ




今年は自宅周辺や畑、田んぼにタンポポがとても多く見られます。例年以上です。何か理由があるのでしょうか。それにしても見ていて気持ちがいいです。
LINEで送る
  1. 2010/04/27(火) 22:11:10|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

4月26日 遠藤農園 ササニシキの種まき




20日間低温浸種されたササニシキの種を4日前から催芽機にかけます。最初の2日間は17度で行い、後の2日は23度と低温でゆっくり催芽しました。それがこの種。




今年も北上町で自然養鶏をされている今野吾彦さんやパプアニューギニア海産の武藤さんがお手伝いに来てくれました。




今年の播種量は75gです。土の状態も良くきれいに筋が立ち、種もみがきれいに筋状に並びました。ホッとしています。




種を播いた箱を苗代に運びならべる作業です。イトミミズに作ってもらった平らな苗代に次々とならべていきます。




2×4の角材をならべ、竹の杭をさして固定します。その時、箱の周りに水が回りやすくするために内側に竹の杭をさすことが重要です。育苗期間中に箱が乾かなくするためにも必要なことです。




最後に角材の上に有孔ポリを1枚だけ被覆し、ひもをかけて作業は終了です。床土には有機肥料等は入れません。近年の育苗期間の気温をみると、低温による発芽までの時間がかかることと、急激に高温になったり、気温の上下が激しく、肥料の発酵や腐敗が心配なため、肥料は発芽してから与えます。




種まきが終わったと思ったら、南の渡り鳥チュウサギがやってきました。これから田んぼがにぎわいます。
LINEで送る
  1. 2010/04/26(月) 22:29:17|
  2. ササニシキ栽培履歴|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

親子で川の字




天気がよく、いつも仕事で自宅にいない私は息子と娘をつれて散歩に行きました。その途中防火水槽のコンクリートに横になり日向ぼっこ。そこへ妻が車で通りかかり、「どこののんきな家族だと思ったら、うちの家族じゃない!」と笑っておりました。その後、子どもたちと田んぼに行きました。




息子は妹に「田んぼにおちないでね」と息子と娘は仲良く手をつないで歩いていました。




細いあぜ道を二人で冒険していました。
LINEで送る
  1. 2010/04/26(月) 22:21:39|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

種まきを知らせる「しだれ桜」




遠藤農園の隣には樹齢数百年の「しだれ桜」があります。この桜が咲くころに遠藤農園では種まきを行います。




そらから桜の花が降ってくるような、圧倒されるしだれ桜です。




いよいよ種まきです。
LINEで送る
  1. 2010/04/26(月) 22:12:37|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

僕の冒険




僕は今日、ニワトリさんを捕まえることができました。うれしそうです。「そうっと捕まえるんだよ」とのアドバイス通り、優しく捕まえていました。




あまりの嬉しさに、自分の頭の上にニワトリを乗せてしまいました。さすがのニワトリさんも驚き、「コケコッコー!」
LINEで送る
  1. 2010/04/25(日) 22:21:48|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タンポポと子どもたち




今日は天気もよかったので、久しぶりに子どもたちと外でおやつをしました。そのあと、裏山にのぼりタンポポを摘みました。息子と娘は仲良く駆け回っています。




このあと息子が娘に一言「タンポポをお母さんにあげようね」お母さんはタンポポの花束をもらいました。
LINEで送る
  1. 2010/04/18(日) 21:48:11|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

つぼみでいっぱい




春はさまざまな生きものたちが動き出す季節。家の周りはつぼみでいっぱい。




LINEで送る
  1. 2010/04/18(日) 21:39:48|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

床土入れ





しばらくブログ更新を休んでおり申し訳ありません。ここ1ヶ月多忙を極め、なかなか更新できませんでした。いよいよ本格的に種まきの準備です。遠藤農園にとって種まき作業は一番気を使う作業の一つです。
今年の土は水分が少々多く、手で土を握ると固まる程度です。この土を一度細かくするためにふるいにかけています。そうしないと筋蒔き用播種機に通した時にきれいな筋ができなくなるため、ふるいにかける作業も大切な仕事です。
LINEで送る
  1. 2010/04/18(日) 20:21:28|
  2. ササニシキ栽培履歴|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

モクレンのつぼみと桜のつぼみ




モクレンのつぼみが見られるころになると、種まきが近いことを知らせてくれます。




桜もつぼみを見せてくれています。
LINEで送る
  1. 2010/04/13(火) 21:03:10|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

種もみの選別 塩水選




遠藤農園のお米作りで最も大切な作業と考えているのが「塩水選」です。たくましい種はたくましい稲になる。現在では種はJA(農協)から購入するのが普通ですが、遠藤農園では自家採種しています。そのなから選りすぐりの種を選びます。

通常、比重は1.13ぐらいですが、遠藤農園では1.15に引き上げ、厳しく種もみの選抜をしています。病気や細い種は浮きますが、充実した種は沈みます。この浮いた種をすくい取ります。




こうして選んだ種はとてもきれいで、粒がそろっています。




この後、20日間にわたって低温浸種に入ります。10度前後の冷たい水に長期間つけることによって自然催芽直前の状態まで待ちます。こうすることで低温に負けない丈夫な稲になります。




今年もたくましいササニシキになりますように。
LINEで送る
  1. 2010/04/03(土) 20:45:33|
  2. ササニシキ栽培履歴|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

木登り




今日もいい天気です。息子と娘はさっそく裏山にのぼり、百日紅の木に登って、「ヤッホー!」だそうです。野生児の二人でした。
LINEで送る
  1. 2010/04/01(木) 22:04:51|
  2. 遠藤農園の四季|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0