花鳥風月 ふゆみずたんぼ日記

15年前に始めた「ふゆみずたんぼ」に通い、日々田んぼで起きている花鳥風月を感じながらササニシキを作っている兼業農家の日記である。

初めてのアーク溶接



最近、修理で溶接をする機会がどうしてあります。いままでは経験豊富な方におねがいしていましたが、自分でも挑戦することにしました。遠藤農園にはデンヨー発電溶接機とSUZUKIDの半自動溶接機アーキュリールナ80兇2台があります。これをぜひ使いこなしたいと思います。そこでまず焼却炉の鉄扉の溶接を頼まれたので、挑戦しました。


これがSUZUKIDの半自動溶接機アーキュリールナ80兇任后ノズルの先が極細になっていて、母材とスパークした時の様子が見やすく、作業がしやすいようです。軟鋼であれば5.0mmまで溶接可能です。初心者の入門機としては十分だと思います。



溶接面をかぶりながら、おそるおそるスパーク…とても見られたものではない溶接状況です。



溶接の上手な方は笑ってください。これから溶接職人を目指して頑張ります。それにしてもひどい溶接ですね。これを見た方はアドバイスください。



LINEで送る
  1. 2012/11/08(木) 21:43:00|
  2. アーク溶接|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
<<お米の放射能検査結果が出るまでもうしばらくお待ちください | ホーム | うつろいカフェ茶ろん”もも”さんがお店を再び始めました!>>

コメント

御礼

遠藤様、私共の溶接人サイトをブログにリンクして頂き、
又、私共の可愛い孝行息子であるノンガス半自動溶接機
ルナ兇鬚買い上げ頂き、誠にありがとうございます!
SUZUKIDの船長?をしている鈴木と申します!
溶接に関して、何かご不明なことがございましたら、
ご遠慮なく何なりとお問い合わせ下さい。
しかし、遠藤様の米作りのお取り組みに興味津々です。
またいつか実際にお目にかかれれば光栄に存じます。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2012/11/13(火) 16:38:39 |
  2. URL |
  3. 鈴木 穣 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する