花鳥風月 ふゆみずたんぼ日記

18年前に始めた「ふゆみずたんぼ」に通い、日々田んぼで起きている花鳥風月を感じながらササニシキを作っている兼業農家の日記である。

今年の夏は、東京の国立科学博物館へ



落ち着きますね〜。このステンドガラスは昭和初期からずっとこのままです。ここは、東京の上野にある、国立科学博物館です。この夏、久しぶりに家族で東京へ来ました。子供たちの希望で国立科学博物館へ来ました。


最上階への階段を上ると、このステンドガラスが迎えてくれます。天井から柔らかな光を照らしてくれます。妻はこのステンドガラスをスマホの待ち受け画面にしています。手すりはイタリアから運んだ大理石です。その手すりにはめ込んである模様もなかなかの作品です。手すりをよーく見るとアンモナイトの化石を見ることができます。



途中の階段にも、控えめにステンドガラスがはめ込んであります。



天井へかけての作りも、実にすばらしい。



天井の写真です。とても落ち着きますね。現代の東京の雑踏の中にあるとは思えません。



照明器具も昭和初期のままのアンティーク。太平洋戦争でも空襲を免れ、残ったそうです。



外には子供たちの大好きなD51が…猛暑で大変でしたが、ここは別世界。一度行ってみてはいかがでしょうか。







LINEで送る
  1. 2014/07/30(水) 11:07:02|
  2. 旅にて|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<蓮のそばで… | ホーム | 8月12日 ササニシキの生育調査 4回目>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する